「ろ」

 

六蔵が 遺した小銭 橋になり
(ろくぞうが のこしたこぜに はしになり)

旧川越街道の弥生町・南常盤台間の石神井川に架けられた橋です。寛政10年(1798)に近隣の村々の協力を得て石橋に架け替えられ、それまで頻発していた水難事故も無くなったといいます。「他力善根供養」の石碑はその時に建てられたもの。

名前の由来については諸説がありますが、その一つは、橋のたもとで旅人から喜捨を受けていた六蔵の遺したお金を元に架け替えられたというもので、たもとにある六蔵祠はその徳を讃えて建てられました。

 

下頭橋
南常盤台1-3~弥生町52付近の石神井川