「ら」

濫鎮め 人々守った 水神碑
(らんしずめ ひとびとまもった すいじんひ)

板橋区の北を流れる荒川は、その名の通りたびたび氾濫し、昔から恐れられていました。とりわけ、今の高島平など右岸一帯の低地(徳丸ヶ原)は、改修以前は氾濫原(はんらんげん)として洪水時に海のようになったといいます。

新河岸公園に建っている水神碑は、文政4年(1821)の造立で、早瀬の渡し(現・笹目橋付近)の守護神であったといわれています。

 

新河岸公園
新河岸3-9