「も」

茂呂遺跡 発見したのは 中学生
(もろいせき はっけんしたのは ちゅうがくせい)

茂呂遺跡の発見は、昭和26年(1951)3月、当時中学生であった瀧澤浩氏が、現在の小茂根5-17の切通し道路断面の関東ローム層(赤土)の中から黒曜石製の石器を見つけたことによります。

同年7月、瀧澤氏より寄せられた情報から発掘調査が行われ、縄文時代より古い旧石器時代の生活の痕跡や道具類を確認しました。この時に出土したナイフ形石器は、非常に特徴的な形態と作りから「茂呂型ナイフ形石器」と名付けられました。

考古学研究史上重要な遺跡として昭和42年に東京都の史跡に、出土遺物も平成11年に都の有形文化財に指定されています。

 

茂呂遺跡
小茂根5-17


★樹林保護のため立ち入ることはできません。