「え」

縁切りを 縁結びとする 大六天
(えんきりを えんむすびとする だいろくてん)

縁切り榎は、旧中山道板橋宿の上宿(板橋本町)にある榎の霊木で、もともと大六天神社の御神木でした。いつの頃からかこの榎の下を嫁入り行列が通ると、その夫婦は離縁するとのうわさが広まり、しだいに民間信仰として定着していきました。

江戸時代末期、皇女和宮が降嫁で板橋宿を通った際には、離縁を恐れた幕府がこの榎を菰で隠し、本陣に入ったとの伝承が残っています。

 

大六天・縁切り榎
本町18-9


都営三田線「板橋本町駅」A2出口より徒歩5分