「あ」

赤塚の 丘に坐す 東京大仏
(あかつかの おかにまします とうきょうだいぶつ)

乗蓮寺は昭和46年に仲宿から赤塚に移転してきました。江戸時代には徳川家康から10石の朱印地を寄進された格式ある寺院で、8代将軍吉宗の鷹狩の際の御膳所(休憩所)となり、板橋宿きっての名刹でした。

境内の東京大仏は、東京大空襲、関東大震災などのような悲惨な戦災・震災が起きないよう祈念して、昭和52年に建立された高さ13mの青銅製で重さが32トン、新東京百景にも選ばれた見事な大仏です。

乗蓮寺
赤塚5-28-3

★近くに赤塚植物園、区立美術館。